2012年06月18日

サテン付のハードボックスに入った「メモリアル・アーチクロック」は贈り物に最適です。(*^_^*)

台風4号の動きが気なりますね。

今日も昨日と同じで暑いです。(;一_一)

こんな時は、冷たいアイスでも食べたくなりますね。(*^_^*)

写真は結婚式での両親への贈り物でご注文をいただきました「メモリアル・アーチクロック」になります。
a-chi44.jpg
a-chi46.JPG
光学ガラスを使用した透明感抜群のアーチ型クロックです。

光学ガラスとは、みなさんご存知のようにレンズ、プリズムなどのように、光の反射、屈折によって画像を伝送する光学素子の材料となる高い均質度をもったガラスのことですね。

天体望遠鏡や顕微鏡なども光学ガラスを使用しています。

品格のあるクロックって意外と少ないものですが、光学ガラスを使用したクロックは高級感があり多くのお客様からお喜びいただいております。

サテン付のハードBOXに入ってますので贈り物に最適のアイテムです。

もちろん時計は1年間の保証付になっています。

結婚祝いや退職、還暦のお祝いにもご注文をいただいています。

「メモリアル・アーチクロック(両親への贈り物)」
→ http://www.geru.jp/article/13382944.html

「アフリカ勢に対抗するにはお互いに知恵を出し合うしかない」
 
ロンドン五輪女子マラソンの山下佐知子監督が、本番での戦術をこう明かしました。

先日、高地トレーニングを行うため、尾崎好美、木崎良子、重友梨佐の代表3選手が米国アリゾナ州に向けて出発しました。

約2週間、現地に滞在して最後の調整を行います。
 
五輪代表選手が合同で海外合宿するのは今回が初の試みになります。

山下監督の提案で実現したそうですが、実はこんな狙いからだそうです。
 
マラソンは男女ともケニア、エチオピアらアフリカ勢が強いです。

身体能力の差があり、日本人がまともにやってかなう相手ではなくなってきました。

そのアフリカ勢に対抗するため、「日本人同士が切磋琢磨するのもいいけど、今は協力しないとちょっと厳しい」(山下監督)と、本番ではチーム戦を仕掛けるというのです。
 
マラソンは個人競技とはいえ、ここ数年、チーム戦術を取り入れる国は少なくないです。
実際、昨年の世界陸上ではケニア勢がまとまって走り、他の選手の走路を妨害するなどの作戦がはまって、金・銀・銅メダルを独占しました。
 
そのケニアにならって今回の米国合宿では、チーム戦術の徹底を図るというわけですが、先行きはそんなに甘くはないと思います。
 
仮に日本勢がチーム戦でレースの主導権を握ったとしても、爆発的なスピードを持つアフリカ勢に終盤でひっくり返される可能性は十分にあるからです。

高速コースといわれるロンドンではなおさらです。
 
ペースを上げ下げしたり、走路を移動したりすれば、3人揃って自滅するリスクもあります。

チーム戦は、そういうことに耐えうる能力があってこそでもあるのではないでしょうか。
ベテランの尾崎好美は「お互いに協力できることはしていきたい」とチームワークを強調しましたが、本番のレースで空中分解しなけりゃいいのですが。

今日もお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GERU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 15:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。