2012年01月31日

少子化が止まりません。(@_@;)

今日は風もなく穏やかな一日となりました。

今日の写真は「ガラスフォトフレーム彫刻」になります。
ガラスフォト.jpg
フォトフレームと言いましても写真がまだ入っていません。

写真を入れることができるガラスになっています。

いろいろな商品があるものですね。(*^^)v

厚生労働省は合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の平均数の推計値)が、中位推計(最も実現性が高いとみられる推計)で、2060年に1・35になるとした新たな将来人口推計を発表しましたね。

少子化により人口減少が加速し、29年後には人口減少幅が年間100万人を突破するという予想です。

36年後に日本の総人口は1億人を割り込み、50年後の2060年に8674万人まで減るということです。(@_@;)

同推計によりますと、少子化の指標となる合計特殊出生率は2024年に1・33まで落ち込んで底を打った後、やや上昇して、2060年には1・35となるということです。

合計特殊出生率が多少回復しても、子供を産める年齢に達する女性の数そのものが減少していくため、生まれる子供の数は減り続けるのです。

日本は2005年に人口減少社会に突入しましたが、出生数から死亡数を引いた人口増減は今後もマイナスが続き人口減少に歯止めがかからない見込みです。

2041年以降は毎年100万〜110万人のペースで人口減少が続くということで、人口数でみると、秋田県や和歌山県規模の都道府県が毎年1つ消滅する計算になりますのでこれまたビックリ仰天ですね。

今日もお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GERU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 16:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/249517284

この記事へのトラックバック

【秋田県】 自殺率・がん死亡率・婚姻、出生率・・・全国ワースト
Excerpt: 1 :影の大門軍団φ ★:2012/06/07(木) 12:25:32.42 ID:???0 厚生労働省がまとめた2011年の人口動態統計(概況)で、秋田県内の自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)は..
Weblog: 【豆β】ニュース速報+
Tracked: 2012-06-07 20:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。