2012年01月12日

白鵬は強いです。(*^^)v今日も振り子付電波時計です。

今日は自動車の免許更新で5年ぶりに運転免許センターに行ってきました。

午前8時30分から受付が始まり新しい免許を貰ったのが9時37分でした。

もちろん今回もゴールド免許ですのでビデオは30分で終了です。

また5年間、安全運転を心がけようと思った今日のゲルチャンでした。(*^_^*)

今日の写真は結婚式での両親への贈り物で「メモリアル振り子付電波時計」になります。
denpa91.JPG
denpa92.JPG
人気のダークブラウンタイプです。

和文あり、アルファベットもあり、そしてスワロフスキーもついています。

生年月日と結婚式日を刻みました。

世界に一つの両親への贈り物ですね。(*^^)v

「メモリアル振り子付電波時計」デザイン
→ http://www.geru.jp/category/1498934.html

「メモリアル振り子付電波時計(両親への贈り物)」
→ http://www.geru.jp/article/13382345.html

相撲が始まってますよ。(*^_^*)

平成13年春場所のことです。

白鵬が16歳で初土俵を踏んだとき、師匠の熊ケ谷親方は「柏鵬」という四股名をつけようとしたそうです。

しかし海のものとも山のものともわからない新弟子に、大相撲史に残る大横綱である柏戸、大鵬の名前をつけるのはあまりにも恐れ多い、と思い直して、たまたま色白だったこともあって「白鵬」と命名しました。

それから6年後、白鵬の綱取りが佳境にさしかかっていた平成19年夏場所、熊ケ谷親方は当時相撲博物館館長をつとめていた納谷幸喜さん(元横綱大鵬)に呼ばれて、こんな提案をされました。

「いまの白鵬の相撲は豪快無比だった柏戸のイメージをほうふつさせる。どうだ、横綱昇進を機に柏鵬と改名しては」

本家の大鵬が“免許皆伝”を申し出たのです。

これに対し熊ケ谷親方は、ようやく白鵬の四股名が大相撲ファンの間に定着してきたことから、「ありがたい話ですが当分はこのままで」とやんわり断りました。

今一度、まったく同じ提案をされたらどうでしょうか。

おそらくあの柏戸の豪快さ、大鵬の円熟した巧さを兼ね備えていることに誰も異議をはさまず、スンナリと改名が実現するかもしれませんね。

それほど今場所も白鵬は充実しています。

昨日のことですが、3番前の相撲で行司の木村庄三郎が突き飛ばされて土俵下まで転落し、失神するアクシデントが発生しました。

動揺した稀勢の里に初黒星がつきました。

しかし白鵬はみじんも乱れをみせずに、新鋭の隠岐の海を下手出し投げで鮮やかに転がし、ニコリともせずにこう言いました。

「15日間、応援してくれる人がいる。それを考えると変な相撲を取るワケにはいかない。今日もいい緊張感で、いい相撲が取れました」

琴奨菊にも2つ目の黒星がつきました。

35場所ぶりの優勝を目指す日本人力士には、白鵬の背中が一段と大きく映っているに違いありません。(;一_一)

今日もお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GERU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 16:07| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今 大鵬の動画を 見ていました。私は、知らない世代です。
私の時代は 野茂 アントニオ猪木 餃子 かなぁ
白鵬選手 強いですね。国技でもある相撲 世界的ですね。
みなさん 日本語 上手ですね。東京は どんな街なのかなぁ
Posted by 村石太ザード&キャサリン at 2012年02月21日 18:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245742563

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。