2011年12月13日

薄利多売はもう〜限界!?牛丼業界のお話です。(@_@;)

毎日の寒さに負けずに仕事頑張ってますか〜!!(*^^)v

”おまえはどうなんだっ”という声が聞こえてきそうですが、私はすこぶるつきの元気満々で仕事バリバリやってます。

写真は結婚式での両親への贈り物で「ガラスフォトフレーム」になります。
photo61.JPG
photo62.JPG
photo63.JPG
横長のLサイズの写真を入れることができます。

デザインの中にスワロススキーを5つ入れました。

”おしゃれで豪華で可愛いフォトフレームだ”とお客様には言っていただきました。(*^^)v

デザインやフォントを考えたりする時間って楽しいですよね。(*^^)v

「ガラスフォトフレーム」デザイン
→ http://www.geru.jp/category/1497275.html

「ガラスフォトフレーム」
→ http://www.geru.jp/article/13383018.html

薄利多売はもう限界、という声が聞こえてきそうです。

大胆な値引き合戦を繰り広げてきた大手牛丼チェーン3社の11月の売上高が、そろって前年同月比割れしました。

フトコロさみしいサラリーマンにはうれしい値引きでも,この値引きが当たり前になってしまい、売り上げアップのカンフル剤の効果が薄れたようです。(@_@;)

吉野家ホールディングスの「吉野家」、ゼンショーホールディングスの「すき家」、松屋フーズの「松屋」の11月「月次売上高」が出そろいました。

 「吉野家」は、16〜24日に牛丼並盛りを110円引きの270円としたが、前年同月比6・4%減で4カ月連続の前年割れ。客数も5・9%減で同じく4カ月連続マイナスとなった。

11〜24日に牛丼並盛り280円を250円に値引きした「すき家」も1・3%減と3カ月連続のマイナスでした。

17〜24日で80円引きの240円とした「松屋」も4・5%減とふるいませんでした。

3社が値引き合戦を展開した今年1月は「すき家」14・1%増、「松屋」13・5%増、「吉野家」5・4%増と前年実績を上回り、売り上げアップの原動力となっていただけに意外な結果になってしまいました。

11月の前年割れについてゼンショーHDは「天候不良も影響」、吉野家HDも「値引きしていなければもっとマイナスだった」と説明しています。

2009年末から本格化した値引きキャンペーンは「すき家」や「松屋」は今年すでに7回目になっていて、少ない小遣いで昼食代をやりくりするサラリーマンにとってはありがたいことではありますが、常態化して意外感やお得感が薄れていると思います。

あなたの商売は薄利多売になっていませんか?

忙しいだけで苦しい経済状態になってないでしょうね。

今日もお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GERU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 15:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。