2011年10月12日

両親への贈り物は悠工房GERUの「サンクスジュエリーフォトフレーム」ですよ!(*^^)v

今日も元気で、そして笑顔満開で仕事をしています。

元気があれば日本も必ず復興いたします。

お互い健康には気をつけましょうね。(*^^)v

写真は結婚式での両親への贈り物で「サンクス・ジュエリーフォトフレーム」になります。
jueri-55.JPG

Lサイズの縦長写真を2枚入れることが出来ますし、たまには新しい写真と入れ替えたりもできますので大変喜ばれているガラスのフォトフレームです。

アクセサリーのジュエリーもワンポイントの飾り、これも素敵ですね。(*^^)v

このフォトフレームにはアクリルの立てが2個ついています。

写真は,この立てをつけないで撮影していますので飾るときには必ず立てをつけてくださいね。

フォントは筆文字デザインフォントの「京円かな太」になります。

”このフォントでなくては駄目だ!”というお客さまもいらっしゃいます。(*^^)v

「サンクス・ジュエリーフォトフレーム」デザイン
→ http://www.geru.jp/category/1496729.html

「サンクス・ジュエリーフォトフレーム(両親への贈り物)」
→ http://www.geru.jp/category/1276175.html

厚生労働省が昨日、厚生年金の支給開始年齢の引き上げについて複数案を示しましたが「68−70歳程度」という案まで提示されたのです。(;一_一)

民主党は2009年衆院選マニフェストで、年金関係の公約を複数並べましたがすべて崩壊状態です。

一方、触れていない「対象年齢の引き上げ」に邁進しているのですから”恐れ入谷の鬼子母神”ですね。

衝撃の年齢引き上げ案は、厚生労働省から社会保障審議会年金部会に提示され、議論されました。

2025年度(女性は30年度)までかけて、3年に1歳ずつ厚生年金の支給開始年齢を65歳まで引き上げる現行計画を、2年に1歳ずつに早めて4年前倒しする案。

さらに、基礎年金(原則65歳開始)も含め開始を68歳へ段階的に引き上げ、2028年度か2035年度に実現する案などが示されました。

「金がないから支給先送り」「金がないから増税」という発想です。

長引く不況で雇用環境が日に日に悪化するなか「年金70歳支給」など、国民の老後を軽視した提案といえるのではないでしょうか。

民主党が政権交代を実現できた背景には「消えた年金」問題など、国民目線の真摯な取り組みがありました。

長妻昭さんでもどうしようもありませんでした。

2009年衆院選マニフェストでも、「国民年金、厚生年金、共済年金の一元化し、月額7万円の最低保障年金実現」「消えた年金問題の解決に、2年間、集中的に取り組む」「年金通帳の交付」「社会保険庁と国税庁を統合して歳入庁を創設する」など、年金関係の公約をズラリと並べました。

ところが、政権交代から2年過ぎましたが、年金一元化は具体案すら見えず、「消えた年金」も約5000万件の未統合記録のうち、回復は1584万件(6月時点)です。

年金通帳は意識調査の段階で、歳入庁に至ってはまったく進んでいない。

年金マニフェスト崩壊という状況の中で、マニフェストにはない「支給年齢の引き上げ」に突き進んでいるのです。

いまの経済・社会情勢のなかで、こうした提案をする感覚が信じられません。

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加問題もありますので、野田内閣は年末に大きな曲がり角が来るのではないでしょうか。

今日もお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GERU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 16:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230093650

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。