2011年04月30日

福島県のお酒の売れ行きが好調だそうです。(*^^)v写真は「サンクス・ジュエリーフォトフレーム」です。

福島県産の日本酒の人気が急回復しているといううれしいお話です。(*^^)v

福島第1原発事故による風評被害や物流中断の影響で、3月は売り上げが落ち込みましたが、4月になって首都圏を中心に全国から注文が増加したそうです。

「福島の酒を飲んで応援したい」というお客様が多いためで、各酒造会社は「4月の売上げは昨年を上回る勢い」と話しています。

写真は両親への贈り物で「サンクス・ジュエリーフォトフレーム」になります。
jueri-photo93.JPG
縦長の写真を2枚入れることが出来ることとおしゃれでかわいいジュエリーが豪華に映えるので人気のフォトフレームです。

メッセージはお客様が考えたものでフォントはデザイン筆文字作家の方のもので「京円かな太」になります。

心の琴線に響く文字は、必ずや贈られた方に感動を与えることでしょう。

メッセージは一生ものですが、ゆったりとした気分になって贈る方のことを考えながら作って下さいね。(*^_^*)

『サンクス・ジュエリーフォトフレーム』
→ http://www.geru.jp/article/13623660.html

福島県内の酒造業界には4月上旬まで、原発事故による風評被害の危機感が広がっていました。

福島県酒造協同組合は、浜通り、中通り、会津の3地方から日本酒を1本ずつ選んで検査し、放射性物質が検出されないことを公表するほどでした。
 
人気のV字回復について、酒卸大手の日本酒類販売(東京)は「被災した東北3県の地酒に、全国が注目している。これまで出荷が少なかった西日本でもキャンペーンが盛んになっている」と説明しています。
 
原発事故はなかなか収束せず、多くの県民が避難したままで、県内の消費は冷え込んでいます。

末広酒造(会津若松市)は「県内の売り上げ減を、首都圏などの注文で補っている状況」と話しています。
 
福島県酒造協同組合は「出荷先が県内中心の酒造会社も多い。本格的な回復のためには、足元の復興が不可欠だ」と地元にも期待しているということです。

お酒好きな方は福島県はもちろん、宮城や岩手、そして山形のお酒も是非!!(*^_^*)

今日もお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

これで3月21日から今日まで毎日ブログの書き込みが続いたことになります。

これからもお読みいただけたら幸いです。(*^^)v

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GERU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 17:51| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198550958

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。