2011年04月20日

福島のDASH村はどうなる!?(@_@;)写真は銀婚祝いの【ガラスフォトフレーム】です。

日本テレビの番組「ザ!鉄腕!DASH!!」の企画で、福島県で農村「DASH村」を運営してきましたが、東日本大震災による原発事故の影響でスタッフ、家畜が避難したそうです。

TOKIOの松岡昌宏さんは「TOKIOとして必ず村を復興させたい」と誓ったというお話です。

今日の写真は銀婚式のお祝いの贈り物で「ガラスフォトフレーム」です。
ginkonphoto.JPG
銀婚式は結婚25周年になります。

お嬢さんから両親への贈り物としてご注文をいただきました。

【ガラスフォトフレーム】↓
http://www.geru.jp/article/13383018.html

DASH村の所在地について、日本テレビは公表していませんが、福島第1原発から半径20〜30キロ圏内で、計画的避難地域に指定された自治体にあるそうです。

17日に番組「ザ!鉄腕!DASH!!」で地震発生後初めて村についての情報を放送しました。

常駐しているスタッフや村で飼っていたヤギ、ヒツジ、アイガモ、犬などの家畜はすべて群馬・伊香保グリーン牧場などに避難していることを発表しました。

常駐スタッフ3人のほか、TOKIOを支えていた近隣住民の多くも避難を余儀なくされた非常事態にTOKIOの松岡さんは「テレビで映ってないところで、いろんな人間が携わってきて、ある意味、みんな親戚ですから。メンバーもみんな行きたがってるけど、今行って邪魔する訳にもいかないし。今は僕らが何もできていないのが、もどかしい」と無念そうに話していたそうです。

DASH村は「日本地図に名前を載せる」企画として2000年にスタートした番組です。

その後、メンバー自身が農作業や古民家での生活を営む企画に発展し、番組の名物コーナーとなっています。

3月11日の大地震発生時もTOKIOのメンバーが村でロケをしていました。

17日の放送で再開されたDASH村の企画では、他地域での「農業研修」の模様が紹介されましたが、24日には所在地も初公表し、今後の企画の運営についても発表される予定だということです。

松岡さんは「戻れるかどうか分からないけど、企画は続けなきゃいけない。TOKIOだからこそ復興に向けて何かやらないといけない」と語っていました。

お時間がありましたら皆さんも24日の放送をご覧くださいね。(*^_^*)

今日もお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GERU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 17:54| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。