2011年04月14日

「福島のごみ受け入れ」川崎市に苦情殺到!?(@_@;)

今日も本当に暖かい一日でした。(*^_^*)

春爛漫ですね。

おかげさまで仕事もバッチリチリゾウです。(*^^)v

写真は退職祝いの贈り物でご注文をいただきました「クリスタルダルクのグラス彫刻」になります。
narumi1.JPG
narumi2.jpg
工房にお越しいただき退職祝いの贈り物でグラスにエッチングしたものにしたいというお話がありました。

予算的にもぴったりのグラスの在庫があったのでお勧めしたのがクリスタルダルクのグラスです。

パリで作られたもので高級感抜群です。

ホームページでは掲載していないグラスになります。

先日このグラスを贈られた職場の方から『とっても素敵なグラスをありがとうございました。細い文字がきれいに彫刻できていてすごいと思いました。』と言っていただきました。(*^_^*)

今日のお話も大震災関係になります。

東日本大震災の災害廃棄物処理の支援を申し出た川崎市長に、市民や他県、海外からも苦情が殺到、その数が2000件以上に達しました。

ほとんどが「放射能に汚染されたごみを受け入れるな」という内容で、市は対応に苦慮しているそうです。

神奈川県川崎市の阿部市長は今月7日に福島県、8日に宮城県を訪れ、震災で発生した大量の粗大ごみの一部をJR貨物で川崎市まで鉄道輸送して、ごみ処理場で処分すると申し出ました。

川崎市は2007年の新潟県中越沖地震でも柏崎市の粗大ごみを鉄道輸送で受け入れて、無償で焼却処理したということです。

被災地からすると頼もしい復興支援の手だったのですが、8日以降、担当課への電話や市長へのメールで「絶対に福島からごみを受け入れるな」「福島市出身の市長の売名行為だ。リコールする」などの苦情が殺到しました。

放射能汚染ごみ搬入を想像し、「小さい子どもがいて不安」という女性の訴えが大半だといいます。

さらに「川崎市民だけの問題ではない」と、埼玉や千葉県、なぜか米国からも反対意見が相次いでいるというのです。(;一_一)

この事態に市はホームページで「放射能を帯びた廃棄物については、低レベルであっても、移動が禁止されておりますことから、本市で処理することはありません」と釈明。

そもそも、ごみの量がケタ違いに多く単独で処理できないため「国主導で支援したい」(処理計画課)と、計画そのものがまだ白紙状態だそうです。

復興支援も「まずは自分たちの安全が確保されてこそ」というのは間違っていないと思いますが、正確な情報に基づいて行動したいものですね。

今日もお読みいただきありがとうございます。<(_ _)>

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GERU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 18:35| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195824105

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。