2011年03月25日

日本の救援体制は開発途上国以下!?((+_+))

ガソリンは並ばないでも入れることが出来るようになりましたか?

「日本の救援体制は開発途上国以下だ」というアメリカの「タイム」詩がこんな批判的な記事を掲載しました。

「官僚機構が救援を遅らせているのか?」というテーマで、「日本よりはるかにインフラ整備が遅れている開発途上国でさえ、災害発生から4日もたてば援助物資が被災民の手に届きます。だが東北では10万人の自衛隊が救援活動を行っているにもかかわらず、援助物資が届くのに恐ろしいほど時間がかかっている」と指摘しました。

同誌は日本の入り組んだ官僚機構に問題があり、規制好きな国民性が“合法的な壁”として立ちふさがっているとして、以下のことを実話として挙げています。

写真は両親への贈り物で「サンクス・ジュエリーフォトフレーム」です
kinkon11.JPG
縦長写真2枚を入れることが出来るガラスフォトフレームになります。

ワンポイントでキラキラのジュエリーが付いている素敵なフォトフレームは両親への贈り物の売れ筋No,2商品です。

結婚50周年(金婚式)のお祝いの贈り物でご注文をいただきました。(*^_^*)

「サンクス・ジュエリーフォトフレーム」
→ http://www.geru.jp/article/13623660.html
 
日本の船会社が湾岸地域に救援に向かうコンテナ船をヘリの着陸用に提供すると申し出たが、政府は船会社に正式な資格がないことからこの提案を断ったそうです。
 
来日した外国人医師団が患者の診察を申し出ても、日本の医師免許がないという理由で門前払い。

医師らは医療行為ともいえない最小限の援助活動をするしかなかったといいます。

政府は地震から6日後の17日になって外国人医師の医療行為を認める方針を打ち出しましたが、なぜもっと早くしなかったのか?

 
また、海外から高齢の被災者のために薬品が寄付されましたが、日本の行政当局が承認していないという理由で現地に届けることができませんでした。
 
寄付された物資は地震と津波の数時間後には東京に届いたのに、いまも倉庫に眠っているというからバカげた話です。

もちろん、政治家がその気になれば、こうした規制を取っ払うことができます。

官僚機構と政治家は被災者のためを考えてもっと私達に見える行動をしていただきたいものですね。

今日もお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GERU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 16:25| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。