2011年02月15日

今日は両親への贈り物で「黒ビトロガラス写真彫刻」のご紹介です。

関東地方の平野部でも今季最高の積雪がありました。(;一_一)

といっても埼玉で10cmくらい積もったでしょうか?

埼玉でも秩父のあたりは30cmくらいは積もったようですよ。

でも朝は路面の凍結も大したことがなく助かりました。

今日は両親への贈り物でご注文をいただきました「黒ビトロガラス写真彫刻」の紹介になります。
bitoro11.JPG
bitoro12.JPG
「黒ビトロガラス写真彫刻」はこちらをクリック↓
http://www.geru.jp/article/13382825.html

まずサンドブラストで写真彫刻をするのに重要なことがいくつもあります。

イラストや文字をエッチングするのには白黒の原稿を作成しますが、写真彫刻は濃淡がありますので単純に白黒にはできないのです。

そこでドット(点)の集まりで写真の濃淡を表現します。

パソコンで写真加工のできるソフトで原稿を作成します。

これが写真彫刻のネガ原稿になります。
nega.jpg

ドット(点)は髪の毛のような黒い部分は密になり頬とか手のような薄い色の部分は粗くなります。

専門的になりますが、写真彫刻の原稿を作るのに線数を上げるとエッチング時に砂がドット(点)とドット(点)の間に入って行かなくなることがあるため写真彫刻をする場合には細かい砂を使用しなくてはなりません。

あとは写真彫刻にはフィルム作り(現像剤の量や洗い方など)も重要なポイントがいくつかあります。

次に黒ビトロガラスに塗布します接着剤(専用糊やフォトボンドなど)も気を使わなければなりません。

フィルムをガラスに張り付けてから透明のフィルムの剥がし方にも要注意です。

ドット(点)が透明のフィルムについてくることがあるからです。

砂の掛け方は文字を彫る時よりは砂を吹く圧力を弱くします。

両親への贈り物の場合にはA4サイズの黒ビトロガラスに2枚の写真を彫刻しメッセージもお入れいたします。

いつまでも色あせることのない写真彫刻はドット(点)の集まりなんですね。

今日もお読みいただきありがとうございます。<(_ _)>

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GERU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 17:56| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。