2011年01月21日

白熱「駅弁大会」開催中!!(*^^)v
写真は両親への贈り物で「サンクス・ジュエリーフォトフレーム」です

東京・新宿の京王百貨店で開催中の「元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会」が連日、大盛況となっているというお話です。

毎年恒例の駅弁大会で今年は新たに開業した青森までの東北新幹線と九州新幹線に人気が集中しているそうです。

長蛇の列で1時間以上の待ち時間となるほどです。

このほか「イベントのために用意した」という特別な駅弁も登場。

人気ランキングの中間集計で意外な結果が判明しました。

写真は両親への贈り物で「サンクス・ジュエリーフォトフレーム」になります。
juery21.JPG
juery22.JPG

このフォトフレームは写真を2枚入れることができるのとチャーミングなジュエリーが付いているので人気があります。

もちろんメッセージは贈られる方の想いがいっぱい込められています。

写真は入れ替えができるのもうれしいです。

【サンクス・ジュエリーフォトフレーム(両親への贈り物)】
→ http://www.geru.jp/article/13623660.html

ここからは駅弁大会の続きです。

今月13日から始まった恒例の大会は、約200種類の駅弁を販売中です。

特に先週末の15日と16日は大混雑で身動きもできないほどで相変わらずの人気です。
約30種類ある実演販売の人気ランキング(13〜16日までの中間集計)で1位は常連の北海道は函館本線・森駅の「いかめし」です。

「いかめしは長年、出店しているので販売が手慣れていて待ち時間が短い」のだそうですよ。

1個500円という手ごろな値段設定でまとめ買いする人が多く、例年トップに躍り出ています。

2位は私の故郷の山形県奥羽本線・米沢駅で「牛肉どまん中」(1100円)も比較的、手軽に入手が可能だそうです。

米沢牛は柔らかくておいしいですよ。

大行列となっているのが、今回初参加でいきなり3位に入った新幹線新青森駅で「浜焼きホタテ海鮮ひつまぶし」だそうです。

茶飯の上には陸奥湾のホタテ、めかぶとイクラがちりばめられています。

このままでもおいしいですが、さらにホタテのだしが効いた”うしお汁”をかけて“一粒で二度おいしい”つくりになっているということです。

また、8位の九州新幹線・熊本駅「鮎屋の極薦」(1100円)は半分が鮎の甘露煮、もう半分が焼きたての熊本地鶏「天草大王」とこちらも豪華です。

最近は鉄道ファンも多いそうで、鉄道員自らが駅弁の販促に乗り出すブースもあります。
静岡の天竜浜名湖鉄道(掛川−新所原間)の営業管理部長さんは「名物のシイタケを三日三晩、ゆっくりと味付けした『さくらどんこ弁当』は本来、地元の老舗料亭が天竜二俣駅で土日・祝日だけ10個限定で販売しているものを。

富士宮やきそば(800円)を売る、富陽軒(静岡県富士市)さんは「通常は焼きそばだけですが、ご飯と肉を追加し、大会限定の弁当を用意した」とのこと。

駅で買うよりも豪華な駅弁が買えるのも大会の醍醐味になっています。

実演販売の人気ランクの結果発表は今春ごろになるそうです。

結果につきましては、このブログにてお知らせする予定ですのでお楽しみに。

「元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会」は25日までやっていますので、まだの方は行ってみてはいかがでしょうか?

今日もお読みいただきまして心からお礼を申し上げます。<(_ _)>

両親への贈り物・エッチングギフト専門店
ガラスエッチング工房「悠工房GRU」→ http://www.geru.jp/
posted by ゲルちゃん at 13:55| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181781255

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。